한국어

|

中文

|

English

お客様へ

悪質業者にご注意を!!

  最近、各家庭を訪問し上下水道局の名前を使って、水道の水質検査を行い浄水器などを販売するトラブルが増えています。「水が濁る」「味が変」などで水道水の検査依頼があった場合は、上下水道局から各家庭に出向き水質検査を行っていますが、突然訪問することはありません。
 また、次のような実験を行い高価な浄水器を売りつける業者もいます。 

1. 水道水に溶液や粉末を入れ、黄色やピンクに着色する反応を水道水が汚れているように見せる
※着色したのは、残留塩素と薬品が結合したからです。
(残留塩素=水道水の消毒のために0.1mg/リットル以上の注入が義務づけられています。)

2. 水道水に2本の電極を入れ、通電すると茶色の沈殿物が出てくる
※沈殿物は鉄とアルミの電極が溶け出したもので、水道水から出ているわけではありません。

 上下水道局では、水道水を常に安心して飲んでいただくよう万全を尽くしており、熊本市の水道水質は良好で浄水器を設置する必要はありません。しかし、個人の判断で浄水器を付けられる場合は、悪質な業者に十分ご注意ください。

 上下水道局職員は、必ず腕章、及び身分証明書を携帯していますので、少しでも不審に思った時はご確認をお願いします。

連絡・お問い合わせ先
  • 経営企画課 (TEL)096-381-4330/(FAX)096-384-4144
ページの先頭へ戻る