한국어

|

中文

|

English

お客様へ

3. 排水設備(水洗化)工事の進め方

 

指定工事店との契約
 

 指定工事店が、現地調査・設計・見積りをしますので、便器の種類・施工方法・費用・支払い条件などの打ち合わせを十分に行い、工事契約をします。(工事着工後の自己資金から融資あっ旋・利子補給制度への変更はできません)

工事計画書の届出
 

工事計画書の届出 工事計画書は、指定工事店が必要書類を熊本市上下水道局に提出します。工事依頼人の押印が必要です。

 上下水道局では、施行方法などが基準に合い適正かどうかを審査して計画の確認をします。

工事の着手
 
  1. 工事の着手工事は、トイレ、台所、浴室などの汚水口から公共ますまでの汚水管やますを新設したり既設のますの手直しなどをします。
     
  2. 既設の便槽内のくみ取りの依頼は、指定工事店と相談し、便槽の清掃、消毒をしたあと適正に処理します。(し尿浄化槽の廃止も同様です。)
     
  3. くみ取り式トイレの場合は、水洗トイレの便器と給水タンクをすえつけ、給水管の配管を行います。工事に必要な日数は、一般の住宅の場合2日から3日ぐらいです。(トイレが使えないのは1日程度です。)
工事完了届、下水道使用開始届の届出
 

工事完了届、下水道使用開始届の届出・工事完了届の提出を受けて、完了検査を行います。

 (完了検査は熊本市上下水道局の委託を受けた公益財団法人熊本市上下水道サービス公社が行います。)

・下水道を使用することになりますので、公共下水道使用届を提出してください。

 

連絡・お問い合わせ先
  • 給排水設備課 排水設備班 (TEL)096-381-1153 (FAX)096-381-1163
ページの先頭へ戻る