한국어

|

中文

|

English

お客様へ

平成27年度熊本市上下水道局防災訓練を実施しました!

 平成27年11月16日(月)熊本市上下水道局防災訓練を実施しました。この訓練は、災害等の緊急時において迅速かつ的確な行動をとること、柔軟な対処能力の向上を図ることを目的として平成13年度から毎年開催しているもので、平成27年度は熊本市上下水道局・熊本市管工事協同組合・熊本市水道サービス公社・熊本市下水道技術センター・日本下水道管路管理業協会が参加しました。
(1)応急給水訓練(2)上水道管路復旧活動訓練(3)下水道管きょ緊急点検訓練(4)下水道管きょ応急復旧訓練(5)情報伝達訓練を実施しました。

訓練の始まり 上下水道事業管理者へ報告
訓練には約90名が参加しました。 各班の編成が完了、訓練が始まります。
マンホールトイレ  
 災害時にはマンホールトイレが避難所等に設営されます。(写真は高齢者などの災害弱者用)  

 (1)応急給水活動訓練

 災害時には応急給水要請をうけ、自動車での走行が可能な地域に給水車を出動させ応急給水活動を行います。

健軍水源地の給水塔 給水車による応急給水の様子
 健軍水源地の給水塔です。ここから給水車に水を充水します。  断水被害のあった地域には臨時給水所を設営します。

(2)上水道管路復旧活動訓練

水道の被害に関しては、管路復旧活動訓練を行いました。断水状態を解消させるため、被害状況の調査を行い迅速に対応します。 

水道管の破損の様子 破損個所の取り換え
水道管が破損し漏水している状況です。  破損した水道管の復旧作業を実施しています。
配管の仮設の様子 漏水修理の完了
災害の規模、被害状況によっては、仮設水道管を設置し臨時給水所を設営します。   復旧作業が完了し漏水が止まりました。

(3)下水道管きょ緊急点検訓練

下水道への被害がどのようなものか把握するため、まず調査を行います。

下水道の調査 テレビカメラによる管内の調査
 マンホールを開けて、詰まりやポンプの停止などの被害状況を調査します。  ロボットカメラを使い、下水管内部の状況も調査します。

(4)下水道管きょ応急復旧訓練

管渠の閉塞を想定し、管渠の清掃や仮設ポンプを設置する応急復旧訓練を行いました。

高圧洗浄車でマンホールを清掃 下水道内の高圧洗浄の様子

 下水道内部を洗浄するため、高圧洗浄車を出動させます。

 マンホール内に高圧洗浄ノズル、バキュームホースを入れ、洗浄を行います。 
泥水を吸い上げるバキュームダンパー 仮設ポンプの取付けの様子
 洗浄により排出された泥水等をバキュームダンパーで吸い上げ、下水道を復旧させます。  下水道のポンプが停まっている場合は、仮設ポンプを設置して対応します。

(5)情報伝達訓練

災害時には様々な情報が上下水道局に集まりますので、それらを統合し具体的な活動につなげる情報伝達訓練を行いました。

熊本市上下水道局現地本部
上下水道局現地本部
 情報の収集、報告、また局対策部からの指示を各班に連絡します。
連絡・お問い合わせ先
  • 総務課 (TEL)096-381-4061 (FAX)096-384-4135
ページの先頭へ戻る
single-waterworks_article.php