한국어

|

中文

|

English

お客様へ

断水時に備え水の備蓄をおすすめします

水の備蓄人が生きるためには、1日当たり3リットルの飲料水が必要であるとされています。
いざという時のため(水が出なくなったときのため)に、ご家庭での飲料水の備蓄をおすすめします。
備蓄する量は、1日3リットル×家族の人数×3日分が目安です。
一般に市販されているペットボトルの水の賞味期限は1年、備蓄用に売られているペットボトルには賞味期限が3年から5年のものもあります。

 

残り湯災害直後は、お風呂の残り湯も役立ちます。普段から溜め置きをしておくと、断水時のトイレの水などに役立ちます。

 

水道水を汲み置きする場合の方法・注意点はこちら
水道水はどのくらいの期間保存できますか?(ひごまるコールへのリンク)

災害により停電が発生した場合
【マンション等にお住いの皆様へ】停電に伴う断水について

連絡・お問い合わせ先
  • 経営企画課 (TEL)096-381-4330/(FAX)096-384-4144
ページの先頭へ戻る
single-waterworks_article.php