한국어

|

中文

|

English

巨大な玉ねぎ!?

この巨大な玉ねぎのような施設は何でしょう? たまねぎ!?

これは、西部浄化センターの「汚泥消化槽」です。

人肌程度の温度で一定に保たれた設備内で、集められた汚泥(汚水をきれいにするときに出てくる汚れた泥)を発酵させてメタンガスなどを分離する施設です。

※詳しくはこちら→西部浄化センター

 

下水汚泥

これがメタンガスを分離した汚泥です。

汚泥消化槽は、汚泥を処分できるように、無害化する役割があります。分離したメタンガスは、施設内のボイラーの燃料として利用しています。上下水道局では、この他にも汚泥の有効活用に取り組んでいます。

※詳しくはこちら→下水汚泥の有効活用


ページの先頭へ戻る