한국어

|

中文

|

English

検索結果: 給水所
  • 平成27年度 熊本市総合防災訓練に参加しました!!

    うして被災地に、応急給水所がつくられます。 同時に給水車による応急給水も行われます。 このように上下水道局では、被災地に対し確実に水の供給が行われるような施策がなされています。 皆様が安心して暮らせるように、これからも防災に努めてまいります。

  • 応急給水について

    活用します。 仮設給水所  災害時等に、使用可能な消火栓がある場合は、路上の消火栓に専用の器具を接続し仮設給水所として活用します。  給水車等への水の補給  給水車等へ水を補給する際にも活用します。災害時ではありませんが、熊本城マラソンの開催時には、給水所へ水を補給するために消火栓を活用しています。 応急給水を実施する箇所 応急給水は、災害医療活動拠点病院や人工透析治療病院等の重要医療施設、重度身体障がい者施設や老人ホーム等の災害弱者施設、重要公共施設(市役所・区役所等)、避難所(小学校・公園等)で優先的に実施します。応急給水を実施する箇所・方法・時間は、災害の種類・規模・被害状況・断水範囲により異なります。応急給水活動を実施する際には、広報車両を用いて、現地広報(応急給水方法、実施場所、給水時間等の周知)を行います。 給水基地・災害対策用貯水施設 上下水道局では、給水基地(給水車等に水を補給するための基地)や災害対策用貯水施設(災害発生時に水を蓄えておく施設)の整備を進めています。災害時には、こうした施設で水を補給し、運搬給水を行います。 給水基地(給水塔)  給水塔は、給水車に水を補給する施設です。上下水道局では、健軍水源地に2ヶ所、上下水道局内に1ヶ所、西部・北部上下水道センターに各1ヶ所、合計5ヶ所に給水塔を設置しています。これらの施設は、災害時に応急給水を実施する際の給水基

お問い合わせはこちらから

よくあるご質問(FAQ)

ページの先頭へ戻る