한국어

|

中文

|

English

広報・イベント情報

加藤清正公 塑像

大正14年(1925)3月に「上水道通水」「市電開通」「第23連隊移転」の熊本市三大事業の完成を記念して開催された博覧会「国産共進会」の会場中央に設けられた大噴水塔の上に設置してあった清正公の塑像です。終了後ここに移設したもので、その後昭和59年(1984)に樹脂による修復が行なわれました。

この塑像は、当時熊本中学(現熊本高校)の教諭であった甲斐青(せい)萍(ひょう)氏の手による原図に基づき、熊本県ゆかりの著名な彫刻家であった松原象(しょう)雲(うん)氏が丹誠を込め四ヵ月を費やし塑彫した傑作で、清正公が熊本の地で治水土木を指揮した雄姿を模したものと伝えられています。

加藤清正公 塑像

製作者について
原図:甲斐青萍

明治十五年、上益城郡御船町に生まれ、昭和四十九年没。東京美術学校(現東京芸術大学)で日本画を専攻。明治四十三年から昭和十四年まで、母校の熊本中学(現熊本高校)で美術を教えるかたわら、九州美術協会の中心となり活躍。有職故実と歴史画にすぐれた作品を残しています。
塑彫:松原象雲
熊本県ゆかりの著名な彫刻家です。

連絡・お問い合わせ先
  • 経営企画課 (TEL)096-381-4330 (FAX)096-384-4144
ページの先頭へ戻る