한국어

|

中文

|

English

水を通じた持続可能な社会の実現のための連携協定【サーモス株式会社】

[最終更新日]2022年3月25日

 

水を通じた持続可能な社会の実現に向けて

 


サーモス株式会社

代表取締役社長 片岡有二

 このたび、熊本市、熊本市上下水道局にお声がけいただき、水を通じた持続可能な社会の実現に向けて協力して取り組めることを大変うれしく思います。
 熊本市では水道水源の100%を天然の地下水で賄っており、その地下水を育み守るための様々な環境保全活動のひとつとして”マイボトルの利用促進”、”ペットボトルゴミの削減”などに取り組んでおられます。当社としてもこの活動の後押をしていきたいと、このたび「水を通じた持続可能な社会のための連携協定」を結ばせていただきました。
 サーモス株式会社では「人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案する」という企業理念を掲げておりますが、環境にやさしいとわかっていても、我慢を強いられる取り組みでは継続する事は困難です。当社の真空断熱技術を使った製品は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、おいしい温度を長くお楽しみいただけるというメリットがございます。熊本市のおいしい地下水をマイボトルに入れて、おいしい温度で飲んでいただくことで水の魅力を知り、そしてマイボトルの利用を促すことで身近なところから環境負荷の低減に向けて取り組んでいきたいと思います。

 水を通じた持続可能な社会の実現に向けて、熊本市と一緒にさまざまな取り組みを行って参ります。熊本市の皆様のご協力をお願い申し上げて、私の挨拶といたします。

 

 

 熊本市、サーモス株式会社との「水を通じた持続可能な社会の実現のための連携協定」の締結にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
 サーモス株式会社様におかれましては、魔法びんのパイオニアとして守り育ててこられた断熱技術と、ユニークな生活快適発想を柔軟に組みあわせ、ここちよい、夢ある暮らしを創造しておられます。
 また、環境に配慮した企業活動にも取り組まれており、商品のライフサイクル全体で一貫して環境負荷を低減し、省エネルギーに貢献されるとともに、人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルの提案にも取り組んでおられ、このような取組に心から敬意を表する次第です。
 さて、本市では、水道水源の100パーセントを天然の地下水で賄っており、その地下水を育み、守るための様々な取組をより多くの皆様に知っていただくために、熊本の水のブランディングに取り組んでいるところです。
 このような中、持続可能な社会の実現に向けた取組を積極的に進めておられるサーモス株式会社様と本協定を締結できましたことは、本市にとりまして大変心強く、市民のマイボトル利用や地下水保全の取組への参画推進に寄与するものと確信しております。
 本市といたしましては、この協定締結を契機として、水を通じた様々な取組を更に推進し、市民の皆様とともに持続可能な社会の実現を目指してまいりたいと考えておりますので、皆様方におかれましては、なお一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 結びに、サーモス株式会社様の更なるご発展と、関係者の皆様方のご健勝とご活躍を心から祈念申し上げまして、ご挨拶といたします。


熊本市長 大西 一史

 

 

 

 

令和4年(2022年)3月25日 連携協定締結式

 
ページの先頭へ戻る