한국어

|

中文

|

English

広報・イベント情報

「熊本市型アセットマネジメントシステム構築に向けた共同研究」協定締結(継続)について

[最終更新日]2021年11月8日

 昨今の上下水道事業を取り巻く状況は、人口減少社会の到来、節水意識の向上や節水機器の普及による料金収入の減少に加え、老朽化する管路・施設の更新や耐震化の推進、近年多発する自然災害への対応など様々な課題に直面しています。

 これらの課題に対応しながら、「持続可能かつ健全な事業運営」を継続していくためには、適切かつ抜本的な業務の効率化が強く求められています。

 そこで、熊本市上下水道局では、「持続可能かつ健全な上下水道事業運営」を実現するため、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取組みとして、共有プラットフォームとAI等を活用したデジタル視点の業務改革(BPR)を目標に「熊本市型アセットマネジメントシステムの構築に向けた共同研究」に令和2年度から取り組んでおり、令和3年度においても、下記4社と継続して協定を締結しました。

1.実施期間  令和3年(2021年)8月2日 ~ 令和4年(2022年)7月29日

2.構成企業  NTTビジネスソリューションズ株式会社
        東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
        日本水工設計株式会社
        日本電気株式会社

 別紙資料

連絡・お問い合わせ先
  • 水道維持課 保全班 (TEL)096-381-6331 (FAX)096-381-5612
ページの先頭へ戻る