한국어

|

中文

|

English

キッズコーナー水道や地下水のこと調べよう

上下水道局の仕事

長(なが)い間(あいだ)雨(あめ)が降(ふ)らないとどうなるの?

 水道水(すいどうすい)に ダムや川(かわ)などの水(みず)を 使(つか)っている都市(とし)(福岡市など)では、長(なが)い間(あいだ)雨(あめ)がふらないと ダムや川(かわ)などの水(みず)がへり、水不足(みずぶそく)となり、時間帯(じかんたい)によって 水道(すいどう)がつかえなくなることがあります。

 熊本市(くまもとし)の場合(ばあい)、生活(せいかつ)に必要(ひつよう)なすべての水(みず)を 地下水(ちかすい)でまかなっているので、雨(あめ)がしばらくふらないからといって、直接(ちょくせつ)水不足(みずぶそく)になる心配(しんぱい)はありません。
 
 しかし、地下水(ちかすい)だからといって 永久(えいきゅう)にあるものではなく、人口(じんこう)がふえたり 水田(すいでん)や森林(しんりん)がへることで、年々(ねんねん)へってきています。

わたしたち一人一人(ひとりひとり)が 節水(せっすい)を心(こころ)がけて 熊本(くまもと)のおいしい地下水(ちかすい)を みんなで守って(まもって)いきましょう。

ページの先頭へ戻る