한국어

|

中文

|

English

キッズコーナー水道や地下水のこと調べよう

上下水道局の仕事

水道(すいどう)の水質(すいしつ)

 いつでも安心(あんしん)して水道水(すいどうすい)を 飲(の)んでいただくために、上下水道局(じょうげすいどうきょく)では 水運用課水質管理室(みずうんようかすいしつかんりしつ)というところで、 地下水(ちかすい)をくみあげる 「水源地(すいげんち)」 から、みなさんが 普段(ふだん)使(つか)っている じゃぐち(地域(ちいき)の公園(こうえん)など) まで、いろいろな 検査機器(けんさきき)を使(つか)い、げんじゅうな 水質検査(すいしつけんさ)と調査研究(ちょうさけんきゅう)をおこなっています。

また、でんせん病(びょう)や細菌(さいきん)が水道水(すいどうすい)の中(なか)でふえないように消毒(しょうどく)することが法律(ほうりつ)できめられています。

消毒(しょうどく)のにおいは安全(あんぜん)な水(みず)という証拠(しょうこ)なのです。

熊本市(くまもとし)の水道水(すいどうすい)は 天然(てんねん)の地下水(ちかすい)なので、ほかの地域(ちいき)の水道水(すいどうすい)にくらべると少(すく)ない塩素(えんそ)で消毒(しょうどく)できます。

ページの先頭へ戻る