한국어

|

中文

|

English

暑さを乗り切る打ち水術

桶古くから日本で行われ、一度使った水を有効利用するエコな習慣でもある打ち水。

ちょっとした工夫で涼しく、そして省エネ、節約につながるコツをご紹介します。

 

      打ち水のコツその1 雨水やお風呂の残り湯を利用する(水道水は使わない)
 

打ち水用の水は二次利用であることが鉄則!限り有る資源を有効に使って涼を得る一石二鳥な工夫です。

 

  打ち水のコツその2 庭、家の玄関先や外壁、ベランダ、屋上などにまいても効果あり
 

打ち水をした周辺では、体感温度が2度下がるとも言われています。他の方の迷惑にならない箇所に打ち水をしましょう。

 

  打ち水のコツその3 午前中、夕方の涼しい時間に水をまく
 

気温の高い時間に水をまくとすぐに水が蒸発してしまいます。比較的気温の低い朝夕にまく方が、水が熱を逃がす時間が長くなるため、周囲の空気を冷ます時間が長くなり効果的だと言われています。

 

  打ち水のコツその4 お金をかけない
 

ペットボトルやポリバケツ等の身の回りにある物を用いて打ち水をしましょう。

 

  打ち水のコツその5 涼しげな服装で
 

浴衣やクールビズなど、涼しげな服装で打ち水をしましょう。

 


ページの先頭へ戻る