한국어

|

中文

|

English

お客様へ

下水道使用料のご請求について

下水道使用料は、排除汚水量(下水に流した汚水の量)に応じてご負担いただきます。排除汚水量は、つぎのように認定します。下記のうち、「一般家庭で水道水以外の水(井戸水・温泉水など)をご使用の場合」の排除汚水量は、平成26年7月請求分から(城南町・植木町については、経過措置により、平成27年4月使用分から)の適用となります。

水道水のみご使用の場合

水道水の使用水量を排除汚水量とします。

事業用として井戸水等をご使用の場合

井戸水等の使用水量(くみあげられた井戸水等の水量)を排除汚水量とします。

一般家庭で水道水以外の水(井戸水・温泉水など)をご使用の場合

一般家庭で水道水以外の水をご使用の場合は、平成26年3月使用分までは定額制ですが、平成26年4月使用分(平成26年7月請求分)から、下記の認定方法に変更しております。なお、城南町・植木町については、経過措置により平成27年4月使用分から適用しております。

一般家庭で水道水以外の水のみご使用(例:井戸水のみご使用)の場合

(1)メーターが設置してある場合
メーターで計量した井戸水の使用水量を排除汚水量とします。

(2)メーターがない場合
下表により算出した水量を排除汚水量として認定します。

世帯人員 1人 2人 3人 4人以上
1人増すごとに
 認定水量 9m3 15m3 20m3 +4m3

4人以上の場合は、3人の水量に、1人増加するごとに、4m3を加えた水量(例:4人の場合24m3、5人の場合28m3、6人の場合32m3)

一般家庭で水道水と水道水以外の水(井戸水・温泉水など)を併用している場合

(1)メーターが設置してある場合
メーターで計量した井戸水等の使用水量に水道水の使用水量を加えた合計水量を排除汚水量とします。

(2)メーターがない場合
世帯人員と用途に応じて下表により算出した水量に水道水の使用量を加えた合計水量を排除汚水量として認定します。

世帯人員 1人 2人 3人 4人以上
1人増すごとに
トイレ 2m3 4m3 6m3 +1m3
風呂 2m3 3m3 4m3 +1m3
炊事 2m3 3m3 4m3 +1m3
洗濯 2m3 3m3 4m3 +1m3
洗顔その他 1m3 2m3 2m3 +0m3

計算例
2人世帯で、水道水を10m3、井戸水をトイレと風呂に使用している場合、
トイレ(4m3)+風呂(3m3)+水道水(10m3)=17m3を排除汚水量として認定します。

届出のお願い

次のような場合には、必ず上下水道局(料金課)への届出をお願いします。

使用している水(水道水、井戸水、温泉水など)を変更するとき
例:水道水のみ使用していたが、新たにトイレ用に雨水を利用するようになったとき。

水道水以外の水(井戸水・温泉水など)を使用している一般家庭において、世帯人員や使用用途に変更があったとき
例:3人世帯だったが、単身赴任で1人転出し2人世帯となったとき。
例:井戸水をトイレにのみ使用していたが、新たに風呂にも使用するようになったとき。

ご注意

上記の届出を行う場合は、変更届出書を料金課へ提出してください。用紙と返信用封筒を郵送しますので、料金課へご連絡をお願いいたします。

上記認定の方法は、届出日以後に適用となります(届出日より前に認定した水量の変更はいたしません)。また、新たな届出までは、従前の認定方法により認定します。

虚偽の届出(世帯人員を少なく届け出ていた、トイレと風呂に使用していたのにトイレのみ使用で届け出ていたなど)については、厳正に対処いたします。

連絡・お問い合わせ先
  • 料金課 (TEL)096-381-1118 (FAX)096-381-1119
ページの先頭へ戻る
single-waterworks_article.php