한국어

|

中文

|

English

水道の仕組み

健軍水源地

熊本市の水道は、大正13年(1924年)の通水開始以来、水源のすべてに地下水を使用していることが大きな特徴です。
熊本市は、現在1日に平均22万立方メートルの水道水を供給していますが、このうちのおよそ4分の1にあたる6万立方メートルを健軍水源地で賄っています。

健軍水源地は施設の安全確保の面から常時開放はしておりません。見学を希望される方は、こちらをご覧ください。
また、年に一度の一般公開を行っております。公開の様子はこちらをご覧ください。

健軍水源地の写真です

各設備の紹介

健軍水源地の平面図です

概要

取水能力(日量)    66,600立法メートル(平成24年度)
配水池容量   12,000立法メートル × 2池=24,000立方メートル
取水井戸    11本(深さ39メートル~60メートル)
通水開始    昭和23年2月25日
ポンプ棟竣工  平成10年3月29日
所在地     熊本市東区水源1丁目1番1号
敷地面積    29,394平方メートル

緊急貯水池の写真です 管理棟の写真です 配水ポンプの動画です ポンプ室棟のパノラマ写真です 水神様の写真です 滅菌設備の写真です 集水槽の写真です 集水槽のパノラマ写真です 取水井戸の写真です 取水井戸の動画です 給水塔の写真です パノラマムービーを見る 写真をギャラリーで見る

連絡・お問い合わせ先
  • 水運用課 (TEL)096-381-7070 (FAX)096-381-7086
ページの先頭へ戻る