한국어

|

中文

|

English

水循環・環境保全

熊本市の水道水源について(地下水の流れ)

熊本市の水道水源について

水は、海や陸から蒸発して雲となり、雨や雪となって再び地上に降りそそぎ、河川水や地下水として自然に恵みを与え、海へと流れていきます。
このように水は姿を変えながら絶えず循環しています。

地下水のしくみ

※植木台地や金峰山系など、他の水系に降った雨も、同じように地下に浸透して地下水となって熊本市へ流れてきます。

  1. 阿蘇の西麓で降った雨は、川へ流れたり、蒸発したり、森や田畑などから地下へ浸透します。
  2. 浸透した水は、土と石のすき間を満たしながら浸透し、その間に水に含まれる不純物をろ過し、同時に岩石のミネラル分を溶かし込んでおいしい地下水となって熊本市へ流れてきます。
  3. 江津湖や八景水谷などで地下水が湧き出ています。水源地の井戸でも、この水をくみ上げます。

 

熊本市の地下水はどこから来るの?

熊本地域は、古代阿蘇山の噴火による堆積物により非常に水を透しやすく、蓄えやすい地層となっています。
私たちが利用している地下水は、白川中流域などの水田や畑地等において、かん養された水です。これらの地域の地下には地下水プールといわれる地下水を蓄える巨大な水がめがあります。
ここで蓄えられた豊富な水は、小さな穴や割れ目の多い砥川溶岩と呼ばれる地層を通り、熊本市の水前寺や江津湖周辺で地表に湧き出しています。

熊本地域の地層
 熊本地域の地下水の流れ

連絡・お問い合わせ先
  • 経営企画課 (TEL)096-381-4330 (FAX)096-384-4144
ページの先頭へ戻る