한국어

|

中文

|

English

水道の仕組み

一本木送水場

一本木送水場は、昭和27年に完成しました。その後平成11年7月に送水場設備を更新しました。
水源は、2本の深井戸と1本の浅井戸で、送水ポンプで徳王配水池に送水しています。平成20年7月に、紫外線処理設備を設置しました。

一本木送水場の写真です

各設備の紹介

一本木送水場の平面図です

概要

敷地面積 5,505平方メートル
ポンプ設備 揚程71メートル 送水能力毎時300立方メートル 台数3台(常用2台、予備1台)
調整池 鉄筋コンクリート造 容量700立方メートル(350立方メートル×2池)
非常用発電 ガスタービン発電機(500kVA×1基)
送水先 徳王配水池 容量10,500立方メートル

この施設は、耐震構造で造られています。また、停電しても断水しないように非常用発電機を設置しています。
調整池は、災害時に備えて約350立方メートルの飲料水を備蓄できるように造られています。

紫外線処理装置

紫外線処理装置の写真です

高感度濁度計UV装置室の写真です 管理棟の写真です 浅井戸の写真です 写真をギャラリーで見る

概要

UV装置 内照式(低圧水銀ランプ) 照射量 10ミリジュール毎平方センチメートル 処理能力 毎時458立方メートル(229立方メートル×2台)
連絡・お問い合わせ先
  • 水運用課 (TEL)096-381-7070 (FAX)096-381-7086
ページの先頭へ戻る